今日はたくさんデリヘルの予約が入っているので体力万全で向かいたかったのですが、なんだか身体がだるくどうにもこなせなそうだったので急遽お休みをいただきました。のんびり横になりながら身体を休めていましたが、たくさん寝たので寝るに寝れず、ずっと観たいと思っていた花魁を題材にした映画をDVDで観ることにしました。同じ身体を売る仕事ですが映画の中の花魁は凛としていて近寄りがたく感じるほど気品があり、またきらびやかな衣装や髪飾りがまた美しさを彩り独特のオーラを放っていました。どんな高額な金額でもお金を出せば彼女を買えるなんて安いくらいなんじゃないかと思うほど美しかったです。ただ華やかな裏には壮絶な生き様があり、性病にかかればその時代の医療では治すことができず時に命を落とすこともあるようです。一番女の人生で美しい時間を身売りし、好きな人ができても結ばれることは許されない切なさがありました。しかしその過酷さが、先ほどの凜とした美のオーラにつながるのかもしれません。過酷な環境でのし上がり女性としての尊厳を奪われながらも、人の目を引いて離さない美しさを放っている姿は衝撃的でした。

映画を一本見終わってもなかなか身体のだるさが治らなかったので、薬を飲んでぼーっとソファに腰掛けていました。するとアヤノさんから電話があり、体調不良の旨を伝えると「栄養のあるものを食べないとダメだよ…!」と料理を作りにお見舞いに来てくれるとのことでした。体調が悪いと寂しくなって人恋しくなるので、アヤノさんが来てくれることが嬉しく思いました。アヤノさんはうちに来ると早速手際よく料理を始めあっとゆう間にテーブルに料理が並べられました。暖かい料理に心からほっとしました。暖かい料理を食べてほっとしたのもあり、急激に眠気が襲ってきました、アヤノさんは私が寝入った後も次の日の料理や洗濯などもしてくれて私を起こさないようにいつの間にか帰ってしまっていたようです。次の日目覚めるとだいぶ身体が軽くなっていました。アヤノさんの早速感謝の電話を入れて、病み上がりなので今日も家でゆっくりすることにしました。アヤノさんが作ってくれた料理を食べながらのんびりと過ごしていると、またもや時間を持て余したので映画やドラマなど見て時間を過ごしました。夜には体調が回復したので郡山の街中にでて買い物をし、休んでいた仕事に備えました。ついでにアヤノさんへのお礼の品を買いアヤノさん宅に届けに行きました。すっかり元気そうな私を見てアヤノさんは喜んでくれました。「無理ないで今日はこれを食べて早く寝てね。」とまたおいしそうなご馳走を私に持たせてくれてとても申し訳ないと思いつつアヤノさんの料理が大好きな私は嬉しく思いました。アヤノさんに言われた通り完全に風邪を治すためアヤノさんから頂いたご飯を食べてお風呂に入り早々に寝ました。毎日夜更かし続きだった私の生活ですが久しぶりに健康的な生活を送りました。


Categorised in: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です